一戸建てのリフォームについて

一戸建てをリフォームする際には間取りの変更などだけではなく耐震・断熱などの強化も一緒に考慮しましょう。一戸建てはリフォームの自由度が高いものです。

例えばリビングの天井を突き抜けて吹き抜けの空間をつくる、窓のサイズを変更する、位置を変更する、水まわりの位置を変更するなどといった大きな間取りの変更まで可能です。

ただし、耐震性が確保できる範囲内です。

さらには古くなった家の耐震性や断熱性を高めることも可能です。工法や構造の違いによってできる範囲がそれぞれ異なってきます。

また、法規制の範囲あれば増築も可能です。

場合によっては建築確認申請を行わなければならないので注意しましょう。

詳しくできることとできないことをみていきましょう。

まず、サッシやガラスを交換することは可能です。 建物の強度に影響がない範囲であれば、窓の数を増やしたり、大きくしたりできます。

また、サッシを断熱サッシに変更したり、窓ガラスを変更したりして窓の断熱性を上げることもできます。

次に、ロフトも設けることができます。しかし制限があります。天井裏にロフトを設ける場合には、高さ1.4m直下の部屋の2分の1までの大きさという制限があります。

また、吹き抜けに関しても、作ることは可能ですが、構造強度を十分確認して耐震性の確保を優先的におこなったうえで作るようにしましょう。

仕切り壁を取り除いたり、場所を移動したりして自由に間取り変更ができます。

しかし、耐震性の確保が確実にできる範囲までです。木造では、比較的簡単に間取りを変更することが可能なのですが、鉄骨造は鉄骨の梁を動かすことができないため、間取りを大きく変更することは難しいのです。

  

リフォームで可能なこと

リフォーム

コンセントは位置の変更や、コンセント、スイッチの数を増やすことができます。使用してみて、不便だと思う位置がれば、リフォームの際に一緒に変更してもらいましょう。

ただ、壁を一度はがし、電気の配線をやり直す必要があります。また、ウッドデッキを設けることも可能です。

ウッドデッキは延床面積に換算されないので、敷地内に余裕があるようでしたら、設けることができます。

位置も自由に決められます。また、断熱性を上げるために、天井や床、壁などに断熱材を補給して冬は暖かく、夏は涼しく過ごせる家に機能性を上げることもできます。

また、水回りの大きな移動も可能です。例えば、キッチンの場所の変更、トイレの階数を変更などといった大きな移動も可能なのです。

耐震性の不安がある場合でも構造や基盤を見直して補強していけば、現状と同じくらいの耐震基準まであげられることができます。

日の当たる明るい場所にキッチンを移動させたり、二世帯住宅にする場合は、キチンやお風呂、トイレの数を増やしたりしなくてはなりません。

こちらのリフォームをする方はとても多く、一戸建ての場合はマンションと比較して、水回りの変更に制約が少ないので、かなり自由にリフォームすることができます。

また家の外観に関しても外壁塗装を行いリフォームする事ができます。

また、IHクッキングヒーターの導入も可能です。分電盤のボルト数に関わってくるのでしっかりと確認しましょう。

築年数が古い場合は200V対応に変更する必要がありますので、別途費用がかかります。

電気メーターを見て確認してみましょう。

間取りの変更もできます。

一戸建ての場合、ある程度自由に間取りを変更することが可能ですが、建物の構造によってできる範囲が変わってくるので、確認しましょう。