Archives 7月 2022

介護リフォームを考える

介護リフォームの代表的なものには、段差解消、手すりやスロープの設置などがあげられますが、年齢を重ねるごとに暮らしにくさを感じる部分としては、トイレや浴室などをあげられる方が多いようなのです。お住まいの市区町村の助成制度を利用することで、介護保険の対象工事として補助金が支給されることもあるようです。要支援・要介護の認定を受けられているご家族がいらっしゃる場合は、助成対象者として利用可能な補助制度をお住まいの市町村などにおたずねなられると良いかもしれません。足場が不安定で滑りやすい浴室などでは、万が一のケガにもつながりかねませんので、介護リフォームの必要性をご家族内でお話し合ってみるというのはどうでしょう。