色のイメージ

色のイメージ

「黄色」は、豊作をうかがわせるような、たわわに実った水田に降り注ぐ太陽の光、“金”も思い起こすように“希望・豊かさ”であり、信号機でも使われる“注意”を連想させる色だそうです。そして「赤」。炎であり、信号機の赤。“情熱”と共に“危険”を連想させます。「オレンジ」はどうでしょう。夕日をすぐに思い起こさせるように“温かさ・親しみ”を連想しませんか。「紫」は、“高貴・神秘的”を。“清潔さ”を連想させる一方で“空虚感”をも連想させる「白」。高級車によく使用される“高級感”と共に、ブラックホールのように、すべてを飲み込んでしまいそうな“恐怖”も感じさせる「黒」。そして、最後に「グレー」。銀色にもつながる色は、“落着き”を感じさせるためか車の塗装色ナンバーワンですが、一方で“迷い”をも感じる色と言われています。