リフォーム一括見積サイトに加盟できている業者はそれぞれの基準をクリアした業者になっているはずです。

各サイトごとそれぞれ加盟基準は異なります。

しかし、次の条件は少なくともクリアしていなければ加盟できないのです。

まずは建設業の許可を得ていることです。そして、一定以上の営業実績があること、過去のある一定期間、建築関連法規、消費者契約法などに関連した罰を受けていないことが挙げられます。

上記のように、基本的には建設業の許可を得ていることが必要となってきます。

その理由として、基本的に500万円みまんの規模のリフォームの場合、資格や許可が必要ありません。

500万円以上のリフォームの場合は建築業の許可が必要となってきます。

この条件から、500万円未満のリフォームは素人が行っても問題ないということがわかります。

その結果、リフォーム業者に依頼しても、その業者が倒産してしまい、前払いした金額が持ち逃げされるということや、リフォームの欠陥工事が行われるということが多いのです。

そこで、リフォーム一括見積サイトはそのような悪徳業者が加盟できないようになっているのが普通です。

加盟基準が建築業の許可を得ている業者のみが加盟できるのです。中には今までに、業務において、罰を受けたことがないということが条件になっているサイトもあります。

新築を建てる場合以外でも建築法というものは関係してくるので、そこまでしっかり対応してくれる業者であると、依頼する側も安心して依頼することができます。

また、消費者契約法に関連した罰を受けたことがないということは不当な勧誘や契約をしない優良業者であるということです。

このような業者には安心して依頼することができます。とはいえ例外が無いとは言い切れませんから、サイトに加盟できているからと言って全てを鵜呑みにするのは危険です。

安い買い物ではないのですから、きちんと情報を集めて判断しましょう。